MENU
発表申込・参加登録受付開始は2021/10/01(金)です。受付開始までお待ち下さい。

ご挨拶

日本計算機統計学会第35回シンポジウムを、 2021年11月27日(土)〜11月28日(日) に 慶應義塾大学 三田キャンパス(東京都港区) にて開催させていただくことになりました。

本シンポジウムでは、特別講演を特別企画として開催いたします。特別講演では、東京大学大学院工学系研究科の和泉潔教授に登壇いただき、ビッグデータを用いた経済状況やコロナ禍での行動変化の可視化等に関するお話をいただきます。他にも医療データ解析等の特別セッションを企画しております。ビッグデータ時代が到来し、統計科学・データサイエンスの研究者と実務家との研究交流がますます重要になってきております。本シンポジウムがこのような時流に合わせた研究交流の場になることを期待しております。

今後の新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の収束は見通せませんが、慶應義塾大学では職域接種を先行して完了しており、現時点では大学側としては三田キャンパスでの実施が可能となっております。現段階ではシンポジウムを現地開催とし、補助的にオンライン会議システムを用いる、いわゆるハイブリッド会議の予定です。政府の要請や緊急事態宣言の発令などがあった場合には全面オンラインとなることも見据えながらも、今後もこのような事態が継続されることを踏まえ、ウィズコロナ時代のシンポジウムの先駆けたるべく、なるべく様々な研究者と実務家が活発な議論が可能となるように万全の対策で臨ませて頂ければと存じます。

これまでどおり充実したシンポジウムとなるよう全力で準備をすすめる所存ですので、多くの皆様のご参加・ご講演を心よりお待ち申し上げます。

日本計算機統計学会 第35回シンポジウム
実行委員長  星野 崇宏 (慶應義塾大学)