日本計算機統計学会第31回大会
 

大会概要


御礼
本大会は、154名(同懇親会は77名)の方々にご参加いただき盛況の内に終えることができました。皆様の暖かいご支援・ご協力に御礼を申し上げますとともに、今後とも本学会へのご支援を宜しくお願い申し上げます。




開催日程
2017年5月11・12日(木・金)
(評議員会は10日(水)の午後に開催)

開催場所
東京理科大学 森戸記念館
東京都新宿区神楽坂4-2-2
https://www.tus.ac.jp/facility/morito/
(JR・地下鉄各線「飯田橋駅」から徒歩約6分)

ご挨拶

東京理科大学神楽坂キャンパスは、東京の中心にあり、最寄り駅は飯田橋駅(JR線・地下鉄(有楽町線・南北線・東西線・大江戸線)の5路線)であり交通の便の非常によい場所にあります。またメイン会場の東京理科大学森戸記念館は神楽坂通りの坂を上がった途中にあり、神楽坂の街並みの中にある会場です。会場としては少しせまく感じるかもしれませんがどうかご容赦ください。その分活発な議論ができることを期待しております。

特別講演(会場は1号館17階記念講堂)は、2016年イグノーベル賞受賞者の⽴命館⼤学の東⼭篤規教授をお招きしております。受賞(知覚賞)理由は前かがみになって股の間から後ろ方向にものを見ると、違って見えることを調査したことに対してであり、本学会の副会長の足立浩平先生との共同研究の受賞です。

大会1日目の511日の懇親会は、本大会の参加者の交流を深める場として、神楽坂キャンパスのすぐ近くのアグネスホテルアンドアパートメンツ東京を予定しています。

 

多数の皆様のご参加・ご講演をお待ちしております。

 

日本計算機統計学会 第31回大会 実行委員長

瀬尾 隆(東京理科大学)

 

カウンタ

5231

広告